AOIBOEKI合同会社

防水性能も付いている防犯カメラ用ソーラーパネル

個人様向けサイト 法人様向けサイト

防水性能も付いている防犯カメラ用ソーラーパネル

防水性能も付いている防犯カメラ用ソーラーパネル

2022/11/17



■屋外設置の防犯カメラに求められること

防犯カメラには大きく分けて、屋外用と屋内用があります。
両者が分けられる一番の要素は、耐候性です。
屋内設置なら雨風にさらされることはありません。
これに対して、屋外設置の場合は雨風にさらされるため、防水性能も不可欠です。
雨に濡れて性能が落ちる場合や作動しなくなって映像が撮れないのでは意味がありません。
これは、ソーラーパネルにも同じことが言えるでしょう。



■防水性能をチェック

EZVIZのソーラー充電パネルは、EZVIZのバッテリー駆動防犯カメラ用のソーラーパネルで、IP65基準を満たしているので、屋外でも使えます。
IPとはIngress Protection(侵入への保護)という規格で、前の数値が防塵性能、後の数値が防水性能を示します。
防塵性能は0~6等級なので、防水性能6は最高等級です。
粉塵が内部に侵入することがない性能を持っているので、屋外に設置して風でホコリが飛んできても基本的に安心です。
防水性能は1~8なので、「5」は中間より上の等級になります。
噴流水に対して有害な影響を受けないレベルとされ、たとえば、シャワーを当てても水が入り込まない仕様です。
通常の雨なら耐えられますが、台風クラスの大雨では侵入するおそれがあるので、ひさしや屋根の下に設置するのがおすすめです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。