AOIBOEKI合同会社

戸建ての防犯カメラはどこに設置すべき?

個人様向けサイト 法人様向けサイト

戸建ての防犯カメラはどこに設置すべき?

戸建ての防犯カメラはどこに設置すべき?

2022/11/26

■設置したい場所

戸建てで不審者や空き巣犯などの侵入防止や、万が一の場合の映像記録を図りたい場合、どのような場所に防犯カメラを設置すればいいでしょうか。
玄関と門の距離が離れており、門が高く厳格な場合は門にも設置できます。
多いケースは玄関です。
また、空き巣犯は縁側などの大きな窓ガラスや2階のベランダから侵入することもあるため、窓やベランダに設置するケースも多いです。
車上荒らしや車の盗難、車へのイタズラが気になる場合は駐車場やガレージなどに設置しましょう。

■死角を作らない

複数の防犯カメラを設置するのが難しい場合には、できれば360度の角度で撮影ができる防犯カメラを玄関の高い位置などに設置しましょう。
不審者がこの家は無理だとあきらめるように、死角を作らないことがポイントです。

■存在をアピール

戸建てで防犯カメラを設置した場合、密かに映していましたと存在を隠すより、防犯カメラ監視中などのステッカーを貼って、存在をアピールするのがおすすめです。
設置をバレないようにする場合、犯罪が行われた後の犯人逮捕には有効な映像が提供できるかもしれませんが、入り込まれるリスクがあります。
一方、存在がわかれば、犯罪をあきらめる可能性が高まります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。