AOIBOEKI合同会社

防犯カメラの設置方法で重要となる電源の確保

個人様向けサイト 法人様向けサイト

防犯カメラの設置方法で重要となる電源の確保

防犯カメラの設置方法で重要となる電源の確保

2023/01/18

■電源確保の方法を検討しよう

防犯カメラを設置する場合、電源の確保をどう行うかは重要なポイントです。
防犯カメラの作動方法が電池式ではなく、電源コードから電気を利用する必要がある場合、設置したい場所に合わせて、どのようにコンセントをつなぐか、どこから電源を取るか事前に検討しなくてはなりません。

■屋内設置の場合

屋内であれば、コンセントが至るところにあるはずです。
問題となるのは、防犯カメラのアダプターの長さとコンセントの距離です。
届かなければ、延長コードを使い、どこを這わせるのかと設置方法の検討をしなくてはなりません。
人がコードに足を引っ掛けることやコードが垂れ下がって、感電のリスクや見た目に悪くならないように設置方法を考えます。

■屋外の場合は特に注意


屋外の場合、電源コンセントがあるケースは多くありません。
そのため、配線工事を行って電源を取らなくてはならない場合もあります。
この場合、電気工事士の資格を持っていないとできないので、プロに依頼が必要です。
また、アダプターやコードなどが水に濡れてショートしたり、漏電したりしないよう保護材をかぶせて防水加工することも大切になります。
配線工事の費用や手間を抑えたいなら、ソーラー充電もできる電池式が便利です。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。